施設の仕組み

HOME > 施設の仕組み

施設の仕組み

ロープウェイの動く仕組み

長崎ロープウェイは、3本のワイヤーロープ(正式名称:複線交走式普通索道[フクセンコウソウシキフツウサクドウ])を使っています。

電車などのレールの役目をする直径52ミリのワイヤーロープ(支索[シサク])1本の上に、ゴンドラ1台の車輪がのっています。

直径22ミリのワイヤーロープ(引き綱、正式名称は曳索[エイサク])2本を山頂(稲佐岳駅)のモーターで巻き上げることにより、ゴンドラを動かしています。

運転には最新のコンピューターを使っています。

この引き綱を巻き上げると、一方のゴンドラが上がり、同時に反対側のゴンドラは下がります。

これを「つるべ式」と言います。

主要設備仕様
距離 1090m
高低差 298m
最急勾配 26°
搬器乗車定員 31名
搬器積載重量 1860kg
運転速度 時速18km(5m/秒)
支索 直径52㎜
曳索 直径22㎜
平衡索 直径20㎜
施設の仕組み

クリックで拡大します。

支索[シサク](メインロープ)部分

電車のレールの役目をするワイヤーロープで、ロープウェイ用として、特別な作り方をした曲がりにくく強い、直径52mmのロープです。この上をゴンドラの車輪が走ります。淵神社駅から稲佐岳駅までの1本の長さは1,100mあり、つなぎ目はありません。長崎ロープウェイでは1つのゴンドラに1本使用しています。このロープ1本で約232トンの重さに耐えることができます。

トップへ


曳索[エイサク](稲佐岳駅引き網)部分

このワイヤーロープを稲佐岳駅のモーターで巻き上げることによりゴンドラを引き上げています。このロープは直径22mmで、1本で約28トンの重さに耐えることができ、合計2本使っています。

トップへ


平衡索[ヘイコウサク](淵神社駅引き網)部分

ゴンドラの下側につながっていて、下り方向のゴンドラをスムーズに引き下げる働きをします。直径20ミリで、1本で約22トンの重さに耐えることができ合計2本使用しています。

トップへ


ゴンドラ(搬器)

重さは1台あたり2,410kgあります。支索に乗っている走行輪で駅舎間を移動しています。定員は、31名で1,860kgまで積載できます。

トップへ


平衡索緊張滑車[ヘイコウサクキンチョウカッシャ]

直径1.4mあり、ロープがたるまないようにする働きがあります。

トップへ


支索緊張滑車[シサクキンチョウカッシャ]

直径3.5mあり、ロープの曲がりを大きくカーブさせて、52トンもの「おもり」に耐えるために巨大な車輪が使われています。

トップへ


重錘[ジュウスイ](おもり)

鉄塔と鉄塔のあいだにゴンドラがきた時、支索[シサク](メインロープ)がたるまないように引っ張るための「おもり」がぶらさがっています。(1つの重さが52トンあります。)

トップへ


原動滑車[ゲンドウカッシャ]

直径2.5mあり、この車輪をモーターで回すことで2本の曳索を巻き上げてゴンドラを動かします。

トップへ


電動機(モーター)

電源は交流の440Vで120kwの力があります。

トップへ


運転室

運転は、山頂(稲佐岳駅)でしています。ゴンドラの動くスピードは時速18km(秒速5m)になるようにコンピューターで自動コントロールしていますが、運転士により安全運行できるよう万全の体制をしています。淵神社駅から稲佐岳駅までの1,090mを約5分で運行します。

トップへ


長崎ロープウェイ公式facebook

無料送迎バス運行

お得な往復割引券

世界新三大夜景

フォトギャラリー

安全対策の取り組み

携帯サイト